クリスマスに見たいバレエ~くるみ割り人形~

バレエ

クリスマスらしいブログを書こう、ということで、今日はバレエの話。

バレエでクリスマスと言えば、「くるみ割り人形」です。

今年11月30日にはディズニー映画として公開されています。

くるみ割り人形の話自体は知っている人も多く、バレエで使われる曲は誰もが耳にしたことがあるものばかり。

某パンやウインナーなどのCMでよく起用されています。

バレエ初心者でも楽しめるのが「くるみ割り人形」の良さ。

特に、英国ロイヤル・バレエ団のくるみ割り人形は、鑑賞ナビ付。

登場人物やストーリーなど初心者にも楽しめる工夫がされています。

個人的には、こんぺい糖の精を吉田都さんが演じているのがツボです。

バレエでは大変有名な演目のひとつなので、多くのバレエ団が演じており、DVDも多数存在しています。

熊川哲也さん率いるKバレエは、舞台演出や衣装がとても豪華で素敵。

Kバレエのくるみ割り人形のDVDは2005年の物ですが、演出に筋が通っており非常に分かりやすいと評判のようです。

バレエDVDはレンタルがほとんどないので、どうしても購入してみないといけないのが残念。

でも、バレエをやっていなくてもハマる人もいて、目にする機会があればもっとバレエファンも増えるような気もします。

いろいろと大人の事情とかあるかもしれないけど、今後アマゾンプライムとかで見れたらいいなぁ。

コメント