4/21はBLUE BLOODの日だったらしい

hide

昨日いつものようにTwitterを眺めていたところ、X-JAPANファンとしては超絶気になるワードを発見。

それが、

『4/21はBLUE BLOODの日』

というもの。

BLUE BLOODとは、X-JAPANがX時代に出した2作目のアルバム。

1989年4月21日にリリースされたそう。

ちなみに、このジャケットにかかれた「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」の言葉がビジュアル系の始まりとも言われていたりします。

私の記憶では、初めてレンタルしたアルバムはこれだったはず。

このアルバムの収録曲がまた激アツ。

おそらく多くの人が知っているであろう曲をあげてみると、

3曲目 WEEK END
5曲目 X
6曲目 ENDLESS RAIN
7曲目 紅
9曲目 オルガズム
10曲目 CELEBRATION

アルバムタイトル曲である「BLUE BLOOD」も良いのですが、個人的に好きなのが11曲目の「ROSE OF PAIN」。

私の中では、これぞYOSHIKIワールド!と言わんばかりの曲。

このアルバムに魅了されたあの日からずっとX-JAPANの虜です。

ちなみに、CELEBRATIONはhideが書いた曲でもあるため、ライブではhideバージョンが存在します。

それが、1994年の大みそかに東京ドームで行われたX-JAPANのライブ~白い夜~の1コーナーHIDEの部屋で歌われたもの。

X JAPAN HIDEの部屋 with PATA ’’CELEBRATION” (1994.12.31)

あぁ、もうやばい。

かっこよすぎる、おしゃれすぎる、hideがマジで神すぎる。

このhideバージョンは、hideの死去後に発売されたトリビュートアルバム1作目「hide TRIBUTE SPIRITS」に収録されたきり、どのアルバムにも入っていないという希少価値の高さたるや。

X-JAPANについて語る予定が結局hideの話になってしまったところで、今日はおしまい。

今聞いてもかっこいいアルバムなので、興味ある方はぜひ聞いてほしいです。

私もまた聞こうっと。

※トップ画はFree-PhotosによるPixabayからの画像です。

hide
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護ライター中村楓の山口県から介護の未来を明るくするブログ