なぜそうなる?コロナ対策に感じた疑問を羅列してみた

考察

新型コロナ感染により全国的に、いや世界的に大変な騒動になっています。国も地方自治体もさまざまな対策を講じていて、「世の中は本当にやばいことになっている」と感じている今日この頃。地元である福岡県も早々に緊急事態宣言が出ていますし、私の街でも感染者が出ているので大変な事態になってきていると身をもって感じています。そんな中、日々ニュースを見て国の様々なコロナ対策を見ていて、「え!なんでこんなことするの?」と思うことも。SNSを見ていると、私と同じように考えている人も多いようなので、今日のブログでは新型コロナ感染拡大対策で感じた疑問を書いてみようと思います。

なぜ給食マスクを2枚配布?

アベノマスクとも揶揄されているあの白い四角いマスク。私は給食マスクと言わせていただきます。

マスク不足が叫ばれる中、マスクを配布していただけるのは本当にありがたいのです。ですが、なぜあの給食マスクにしたのでしょう。感染予防というのはよくわかるのですが、安倍首相の鼻も覆えていなかった点から考えると、「感染予防できてないじゃん!」って思うわけです。

せめて、もう一回り大きくしてくれればすっぽり覆えたのになあ。

あと、洗って驚くほど縮んだっていう意見も多数出ていましたが、あの手のマスクは洗うと縮みます。手作りマスク作られる方は、まず布を水通ししてから大きさを図って作られるので大きく縮むことは在りません。そういうのは割と知られている話だと思っていたのですが、普段使わない人にとっては晴天の霹靂だったのかもしれません。

そういう意味でも、給食マスク配るならあと二回り大きければ……

休業補償に言及しない中でなぜ休業要請だけ求める?

感染拡大予防のために休業してくれと言う気持ちは非常によくわかります。わかりますが、休業中の本来得られるであろう収入は誰か保証してくれるのでしょうか。ある程度の資金力がある企業なら何とかなるかもしれません。しかし、中小企業や自営業者ともなると、数日の休業が今後の生活に大きく影響することは誰でも想像できるのではないでしょうか。

コロナに感染して死ぬか、それとも経済的に死んでいくか。

そのようにSNSで発言されている方もいます。それほど、休業と言うのは事業を行っている人にとっては大変な事態なのです。やむを得ず開けているのに、「あの店は休業要請が来ているのに開店している」と通報が相次いでいるというニュースも見ました。通報した人たちの気持ちもわかります。でも、事業をしている側の人の気持ちも少し考えてみてもらいたいです。

この問題を解決するためには、休業要請と同時に休業補償についてアナウンスしてもらうことだと思います。実際に福岡市では早々に休業補償についても発表がありました。「これくらいの保障は何とかするので休業に応じてもらえないか」そういう姿勢が国や地方自治体にあってもいいのではないか、むしろそうするべきではないかと、私は思います。

1人10万円の特別給付なぜ世帯主の口座に限定?

ようやく決まったコロナ関連の特別給付、一人10万円。めっちゃありがたいです。ありがたいのですが、ここで世間をにぎわす大問題が発生しました。なぜか口座は世帯主のみなんですよね。

世の中にはいろんな家庭があります。DVを受けている家庭や毒親に囲われてしまっている人など、お金をとられてしまうと大変なことになる人もたくさんいます。もしかしたら、このお金でDVから逃れて新たな生活をしようとしている人もいるかもしれません。そういう人のチャンスを「世帯主口座限定」で奪ってはいけないと思いませんか?

せめて、成人している人は求めに応じて理由問わず口座指定可能とかしてくれたらいいのに。それで救われる人がたくさんいると思うんですよ。マイナンバーこういうときこそ生かせばいいのに……

何はともあれまずはコロナ騒動収束が最優先

色々と愚痴ってはみましたが、何はともあれコロナ騒動が収束することが世界全体の最優先事項だと思います。コロナ騒動が収束すれば、私たちの生活もすぐにとはいかなくても元に戻ってくるはずです。これ以上感染が拡大しないよう、しっかりと予防策をとりながら、必要な物品はみんなで分け合いながら、頑張っていくしかありません。私もしっかりとマスクをして、仕事を頑張りたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました