クラウドソーシングで得たもの

ライター

私のライター人生は、クラウドソーシングから始めました。

クラウドソーシングについては否定的な意見もありますが、私は得たものの方が多かったと思います。

そこで、今日は私がクラウドソーシングで得たものについて書いてみます。

お金をもらえることのありがたさを知った

私は会社員なので、自分が仕事をしてお金をもらえるということのありがたさは知っていたつもりでした。

しかし、会社員の給料とはまた違う形でお金をもらえることのありがたさは、クラウドソーシングで学びました。

私がクラウドソーシングで稼いだお金は数百円だったと思います。

数百円だったけど、自分が書いた文章でお金をもらえるんだという喜びは何にも代えがたいものでした。

あの時の喜びが、今もライターを続ける原動力になっていると思います。

初心者でもお金をもらいながら学べる

クラウドソーシングは、初心者歓迎の仕事がゴロゴロあります。

ものすごく低単価なのに高いレベルを求められるという例もありますが、私がクラウドソーシングでしか仕事をしていなかった頃は、低単価だけども良いクライアントさん(というより担当者さん)に恵まれました。

今思うと、本当に単価は安いですが、勉強するときってたいてい自分がお金を払うことを考えれば、お金をもらいながら勉強させてもらう機会を与えてもらえるというのは、とてもいい環境だったと思います。

もちろん、皆がみんなそうではないですが、良いクライアントさんに出会えて、自分もクライアントさんにこたえようと頑張れば、ライターとして初心者が学ぶべきことはある程度身に付けることができるでしょう。

低単価についてはよく問題に上げられますが、初心者に払うという点を考えれば、もらえるだけでもありがたいと思います。

クライアントさんだって、初心者にお金払うのリスクなんですし。

やっていく中で「単価低いなぁ」って思い始めたら、高いところへ挑戦していけばいいと思います。

私は、つたない文章の時代に根気よく指導してもらえたこと、お金までもらえたことに感謝しています。

クラウドソーシングがあって今がある

ライターになって2年が経ちました。

2年前、クラウドソーシングでライターやってみようと思わなかったら、今はないと思います。

今は、クラウドソーシングの仕事はゼロなのですが、しないというわけではなくて、条件が合えばしようという状態。

ライターとしての基礎を作ってもらえたクラウドソーシングには、本当に感謝しています。

初心忘れず、感謝の気持ちも忘れず、これからも頑張ろうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitterやってます。中村楓@介護ライター/山口県

ライター
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護ライター中村楓の山口県から介護の未来を明るくするブログ

コメント