脱毛4回目、左脇は処理いらずになった

女子力アップ

今日は月1回のお楽しみ、SUZUJUKUに行く日。

まずは、よもぎ蒸しから。

実は午前中に行くのは初めて。

午前中に行って思ったのは、朝は意外と体冷えてるということ。

いつもなら最初から温かさを感じるんだけど、今日は体が温まるのに若干時間がかかった気がします。

そう思ったのもつかの間、あっという間に体から汗が湧き出てくる。

3回目ともなると、「あとちょっとしたら背中蒸そう」とか「胡坐の方が座りやすいな」とか「背中を壁につけない方がいいな」とか、いろんな発見がああるし、自分なりの工夫をしながら癒しのひと時を楽しめるようになった。

よもぎ蒸しが終わったあとは、脇とVIOの脱毛。

左脇はもう目立つような毛は生えてこず、昨日下処理しようと思ったら「これ、するとこないじゃん」というくらい毛は産毛レベルに。

あの黒くて太い毛、処理しても遠めでもわかるんじゃないかって思わせていた奴らは、おかげさまで影をひそめてくれました。

右脇は、一部に目立つ毛が生えているものの、処理面積は圧倒的に少ない。

VIOも見える範囲の減り具合は半端ない。

今回は出力も上げてくれたんだけど、全然痛くも熱くもなくて快適。

なんのストレスもなく、これまでのコンプレックスが目に見えて解消されていくというのは、自分に少しずつ自信を持てるきっかけになっているように思う。

脱毛って物理的にきれいになるだけでなく、心もきれいにしてくれてるんじゃないか。

そんな気がした脱毛4回目体験リポートでした。

※トップ画はStefan SchweihoferによるPixabayからの画像です。

女子力アップ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護ライター中村楓の山口県から介護の未来を明るくするブログ