都会ならではの楽しい飲み方~博多駅はしご酒編~

地元

年に1回、親友4人で地元に集まり飲み会をします。

今年は、博多駅で飲み歩きをしようということになり、結果的に6軒はしごするというとても楽しい飲み方をしました。

都会だからこそできる飲み方でとても楽しかったので、その模様を少しだけ紹介したいと思います。

KITTE博多地下

KITTE博多の地下には、カフェやラーメン屋、居酒屋など19店舗が軒を連ねています。

中でも人気なのは博多とりかわ大臣で、エスカレーターを降りたところに何やら行列があると思ったら、博多とりかわ大臣の行列でした。

早い時間に行けばお得なセットがあるお店も多く、モツビストロ天神ホルモンでは14~18時の間限定のホル酔いセットが1200円とお得な価格。

このホル酔いセットは、人気メニューがちょっとずつ3種類とドリンク2杯付き。

また、博多らしくラーメン屋や担々麺のお店もあり、福岡県民にはなじみ深い餃子がおいしいテムジンもKITTE博多地下にあります。

ここで飲み始めてここで締めるというのもありだなぁと思いました。

駅から三百歩横丁

JRJP博多駅ビル地下にあるのが、駅から三百歩横丁。

焼き鳥屋や居酒屋、焼肉屋などが10店舗出店しています。

牛タンの店博多たんかで人気なのが、100gのたんを串に刺している牛たん串。

ちょい飲みするなら牛たん串で一杯というのもあり。

角打ちスタイルで気軽にたのしめるのが、串揚げしらすくじら。

新鮮な魚介類をお手軽に食べられます。

串揚げも他ではあまり見かけない白子や牡蠣がありました。

その日の仕入れによってメニューが変わる可能性があるので、行くたびに新しい発見がありそう。

博多駅筑紫口

博多駅筑紫口にはさまざまなお店が多数存在します。

居酒屋も非常に多く、若かりし頃に行ったお店のチェーン店もいくつもありました。

特に懐かしかったのが、博多創作居酒屋ふとっぱら。

店員さんの多くが外国の方々で、時代の流れを感じました。

当時は、納豆オムレツが好きだったのですが、今のメニューにはなくて残念。

お店の雰囲気も当時を感じさせるもので、本当に懐かしかったです。

ふとっぱらに行く途中には益正もあって、次は益正で懐かしさを感じてみたいと思いました。

博多ほろよい通り

博多駅1階にある博多ほろよい通りには、居酒屋を中心に8店舗が軒を連ねています。

日本再生酒場もつ処い志井は昭和を感じさせるお店の雰囲気が素敵でした。

立ち呑み酒場よかたいは、10名入れば満員の立ち呑みスペースと腰を据えて飲めるお店が隣接しており、立ち飲みスペースは店員さんや他のお客さんとの距離が近く、立ち飲み屋ならではの飲み方ができます。

お手ごろなおつまみの数々も珍しいものから定番の物まで、魅力的なものばかり。

店長さんがとてもフレンドリーで楽しい人なので、立ち飲みなのについつい長いしたくなる場所です。

気軽にはしご酒を楽しもう

博多駅は駅の中や周辺にたくさんの飲食店が軒を連ねており、お気軽なセットを用意しているところも多数あります。

一つの店舗でじっくり楽しむのも良いですが、たまには気軽に好きなものを少しずついろんなお店で食べてみるのも楽しいものです。

博多に行ったら、ぜひはしご酒楽しんでみてくださいね。

-----------------
Twitterやってます。
気軽にフォローどうぞ。
twitter@中村楓

コメント

タイトルとURLをコピーしました