平成と令和のあいだ、みたいな。

ニュース

今日のお昼ごろ、新元号が発表されました。

新元号は「令和」

うん、素敵。

万葉集からの出典というところも、日本の文化を大事にしている感じがして好きです。

平成はまだ1か月続きますが、今日元号が発表されたせいか、今日までが平成と思っている人も少なくないことにちょっと驚いています。

私は、今日からの1か月間は「平成と令和のあいだ」だと思っています。

元号は大化から始まった非常に歴史ある日本の文化ですが、新元号が1か月も早く発表されるのは今回が初めてだとか。

令和という新しい元号を思いながら過ごすこの1か月間。

新たな時代の幕開けを、国民が少しずつ準備していく期間となるのではないでしょうか。

私は、昭和、平成、そして令和と、時代の移り変わりを自分の記憶に残る年齢で体験しています。

こんな激動の時代に生きているということに感謝し、令和という時代を迎えたいと思います。

※トップ画はKoneviによるPixabayからの画像です。

ニュース
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護専門ライティング事務所『楓和堂』
タイトルとURLをコピーしました