保育士さんには頭が上がらない

考察

我が家は3人の子どもがいます。

長女は会社の託児所と幼稚園を併用、時に民間保育所を利用しました。

息子たちは一時保育、会社の託児所を経て保育園へ入所、日祝は会社が提携していた民間保育所も利用していました。

幼稚園にも保育士さんはおられたし、託児所、保育所、保育園すべてでたくさんの保育士さんにとてもお世話になりました。

特に、一時保育を利用し始めた時はまだ育休中でしたが、双子育児にすっかり疲れ果てたときだったので、利用できたことは本当にありがたかったです。

仕事復帰後1年もたたないうちに夫が倒れ義父が急死したため、いろんなことがいっぺんに私に降りかかりました。

正直子供の面倒なんて、全然見れてなかったと思います。

そんな中で、保育士さんにはたくさん迷惑もかけたし、相談もたくさんさせてもらいました。

特に下の二人は、保育士さんにたくさんのことを教えていただいたおかげで、動物から人間に劇的成長を遂げました。

私だったらこんな母親だいぶ迷惑だと思うし、子供たちのやんちゃっぷりにも「どうなってるんだよ、この母親」って思うかもしれない。

そこを辛抱強く、優しく、時に厳しく接してくれたことにとても感謝しています。

我が家は保育士さんあって今がある状況。

一年生になった息子たち。

まだまだ不安要素はありますが、思ったほどの大事件は起こらずに済んでいます。

これも保育士さんのおかげ。

本当に本当に保育士さんありがとうございます。

私は保育士さんを全力で応援したいです。

考察
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護ライター中村楓の山口県から介護の未来を明るくするブログ