手ごろでおいしい芋焼酎ベスト3

考察

私はお酒が大好きなのですが、その中でも芋焼酎が好きです。

そこで、今日は手ごろでおいしい私が好きな芋焼酎を3つ紹介します。

安定のうまさ「黒霧島」

黒麹の芋焼酎は数あれど、どこでも売っていて安定したうまさを誇るのが「黒霧島」です。

紙パックでの販売もしているため、瓶に比べて軽いですし、地域によっては燃えるゴミに捨てられるという手軽さ。

酒屋さんだけでなくスーパーやコンビニにも置いてありますし、小さなサイズの販売もあります。

実際に、USJに行ったときにもコンビニに売っていました。

芋の甘みと後口のキレの良さをぜひ味わってください。

芳醇な香りの「赤霧島」

黒霧島と同じ霧島酒造が手掛けている「赤霧島」は、黒霧島に比べて香りがワインのように芳醇で飲みやすいです。

一時期は数量限定と言われて手に入りにくい状況でしたが、この数年は色々なお店で取り扱うことが増え、スーパーでもたくさん見かけるようになりました。

お値段は黒霧島に比べると若干高くなりますが、それも100円程度。

芋焼酎初心者には飲みやすいので、これから芋焼酎飲んでみようと思う人にもおすすめです。

黒麹ブームの先駆けとなった「黒伊佐錦」

黒麹の焼酎というと前出の黒霧島が全国的に有名ですが、黒麹ブームの先駆けだったのはこちらの黒伊佐錦でした。

黒伊佐錦の良いところは、芋焼酎にありがちな癖のある香りが気にならないこと。

芋焼酎が苦手な人でも飲みやすくなっています。

こちらも紙パックでの販売があるので、他の買い物のついででも重すぎないのでありがたいです。

たまには気分を変えて芋焼酎飲んでみませんか?

手軽に手に入りやすく、普段は芋焼酎を飲まない人でも飲みやすい芋焼酎を紹介しました。

ビール党や日本酒好きの人も、たまには気分を変えて芋焼酎を飲んでみませんか。

きっと新しい発見があると思いますよ。

考察
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護専門ライティング事務所『楓和堂』
タイトルとURLをコピーしました