自分の体調と付き合う

健康

基本的には心身共に健康ですが、年に数回ほど動けなくなる日があります。

熱があるとか、痛みがあるとか、そういうことではなく、起き上がると眩暈がしたり、だるさが半端なかったり、座っているだけで寝落ちしたり、と起き上がるだけでしんどいという状況になります。

夕方くらいには落ち着くことが多く、1日だけの話なので特に受診したこともないので、原因もわかりませんが、メンタルと血圧と寝不足の積み重ねからきていると思います。

普段は、よほど辛いことがあったり、いやなことが起きない限りは寝たら忘れるタイプで、あまり思い悩みもしません。

10年近く働いた介護の現場でも腰を痛めたこともなく、持病と言えば偏頭痛と血圧が若干低いくらい。

割と体力もあるのですが、その分頑張ってしまう傾向はあると思います。

結婚し、子供が生まれ、家族が増えて責任も増した今、自分が倒れることのリスクはとても大きい。

年々体は衰えてくるし、暴飲暴食による体型の変化と体力の低下もあるので、自分の体調と向き合って無理をしないようにしていかなければならないと思っています。

今後も健康に過ごすためには、気を付けることもたくさんあるけれど、大好きなお酒は適度に飲んでいたい。

だからこそ、適度に運動して、やりたいことにも挑戦しながら、自分の体調に向き合っていつまでも元気に過ごそうと思います。

※トップ画はsilviaritaによるPixabayからの画像です。

健康
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護ライター中村楓の山口県から介護の未来を明るくするブログ