「勘違い外見おばさん」に気をつけろ!

人間関係

※この記事はジョークです。特定の個人を指したものでもなければ、女性を貶める意図もありません。そこを理解したうえで読んでもらえたらと思います。

ちょっと過激なテーマで今日は書いてみようと思います。

世の中には「美魔女」と呼ばれる人種がいます。

外見はさることながら、内面からにじみ出る美しさに同性でも見とれてしまうほどです。

ところが、世の中には自分を美魔女だと勘違いしている「勘違い外見おばさん」がいたりするんですね。

そこで、今日は「勘違い外見おばさん」について勝手に考察してみます。

シングルの「勘違い外見おばさん」は関わらなければ害はない

若いときには、外見を必死こいて磨いて、スタイルを維持し丁寧なメイクをしていれば、そこそこモテます。

素材が良ければチヤホヤされまくりということもあるでしょう。

ところが、年を取ってくると外見だけ磨いても若い人に勝てなくなる時期が必ずきます。

どれだけ手入れしても経年劣化はするわけですし。

だから、本当は若いうちから内面を磨いて教養を身に付けるのが大切なんです。

でも、「勘違い外見おばさん」は違うんですね。

「男はスタイルがよくてきれいな女性が近寄ってくれば喜ぶ」と思ってるんです。

だからひたすら外見ばかりに磨きをかけるべく日々努力しているわけです。

正直、中身のない美人がモテるのは20代までです。

それも、20代前半。

20代半ばになると、多くの人は結婚を意識するようになってきます。

そうすると、中身のない女の子を見ると「この人と結婚したら大変そう」とか思っちゃう可能性は大きい。

さらに、外見ばかり磨いていると「金銭感覚がないかもしれない」と思われることもあるでしょう。

こうなってくると、「本命」としての地位はだんだん狙えなくなってくるし、よくて「都合のいい女」扱いでしょうね。

こういう人とは、関わらずにほおっておけば特に害もありません。

たちが悪い既婚の「勘違い外見おばさん」

たちが悪いのが、既婚の「勘違い外見おばさん」です。

なまじ結婚しているので確固たる自信があります。

「外見きちんとしなきゃ旦那さんに見捨てられるよ」とか平気で言っちゃいます。

それくらいならまぁ嫌だけど右から左で流しときゃ済みます。

ところが、「勘違い外見おばさん」ってたくさんの男からチヤホヤされたいんですよね。

男性がいる場ではものすごく張り切りますし、何なら「一夜限りの…」とか狙ってるかもしれません。

こういう場に同席してしまったら、もう最後。

もう遠目で冷ややかな目線で見守るしかありませんね。

まぁ、勝手にしてくれりゃいいんですよ。

こっちに害が及ばなければ。

ただ、中には自分がいかに美しいかをアピールするために、人をこけ落とす人もいるので注意が必要ですね。

「勘違い外見おばさん」を見かけたら他人のふりをしよう

もし、身近で「勘違い外見おばさん」を見かけたら、近寄らないに限ります。

他人のふりをしておきましょう。

どうしても関わらなければいけないときには、これも人生の修行のひとつだと思ってやり過ごすしかありません。

間違っても、真っ向勝負はしてはいけません。

違う生き物くらいに思っておいたほうが無難でしょう。

人間関係
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護ライター中村楓の山口県から介護の未来を明るくするブログ

コメント