高齢者の性問題について考える

介護

少し前にTwitterで、片山海斗さん(Twitterアカウント)が高齢者向けの性サービスについての発言をされていました。

私はこの話、とても画期的な発想だなと思ったのですが、風俗というだけで拒否感がある方もいるようで、色々と騒がれていたように思います。

今日のブログでは、私の思う高齢者の性問題と片山さんの発言された性サービスについて、私の考えをまとめてみます。

介護現場での高齢者からのセクハラが問題になっている現状

今、介護現場で働く女性から、利用者さんからのセクハラに悩む声が上がってきています。

卑猥な発言を繰り返されたり、胸やお尻を触られたり、なんてことはどこの現場でもよく聞く話です。

しかし、職員が強く「触らないでください!やめてください。」なんて言おうものなら、家族や上司から「うちのおじいちゃんはそんなことしない。」「介護職なんだからそれくらい我慢して」「ぼけてるんだからしょうがないでしょ。」と言われることも多く、まるでセクハラに遭う方が悪いと言わんばかりの対応をされることもしばしば。

介護職が利用者からセクハラを受けても、職場は守ってくれないし、なんなら「我慢しろ」と言われることが多い。

そんな状況にうんざりして介護職をやめてしまう女性がいるのが、今の介護現場の現状と言えるでしょう。

セクハラ利用者を排除すればそれで済むのか

介護現場でのセクハラが問題になるにつれ、「セクハラする高齢者は介護サービスの利用をやめてもらいたい」「施設から退所してほしい」という声もあがるようになってきました。

しかし、セクハラする高齢者をあなたの施設から排除すれば、問題は解決するのでしょうか。

セクハラ利用者を断ることで、表面的な問題は解決するかもしれません。

しかし、セクハラをしてしまう高齢者のご家族はどうなるでしょうか。

きっと利用できるサービスがなくなって、24時間介護しないといけない状況になってしまうかもしれません。

「そんなのセクハラする人が悪い」って言われたとしても、その家族は望みを絶たれて介護に疲れて悲しい事件に至ってしまう可能性だってないとはいえないでしょう。

なぜセクハラしているのかを考えてみよう

「セクハラする高齢者を排除しても問題解決しないなら、どうすればいいんだよ!」って怒っている人もいるかもしれません。

まず、大切なのは、「なぜセクハラしてしまうのか」を考えることではないでしょうか。

例えば、病気や加齢の影響で自分の欲望を自制できない、もしくは自制する力が弱くなったということも考えられます。

単純に「ちょっとくらい触ってもいいだろ」って思っている人もいるかもしれません。

きっと、一人ひとりに理由はあるはずです。

理由を知ることでその人にあった対応策が生まれる可能性はあります。

「セクハラをしてくる」行為そのものに着目することも大事ですが、その背景にあるものを考えるのも介護職として大切なことではないでしょうか。

性をタブー視しないことも大切

性の問題はとかくタブー視されやすいものです。

しかし、高齢になっても性欲がある人は少なくありません。

私個人としては、生活の質の向上という視点では性に関わることは外せないと思っています。

しかし、性問題を解決するのは介護職の仕事ではないとも思っています。

だからこそ、片山さんが言っていた高齢者向けの性サービスを画期的な発想だなと感じました。

高齢になろうと、障害があろうと、性欲が強い人は強いです。

そういう人は、性欲を満たすことでセクハラがなくなることだってあるかもしれません。

そこをプロに任せてもいいんじゃないか。

制欲だって人間の欲望の一つなんですから、タブー視しなくてもいいと思うんです。

誰かが嫌な思いを我慢したりすることのないよう、適材適所のサービスを利用することがこれからの高齢社会には必要ではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

介護福祉士の知識と経験を活かした介護記事の執筆や監修をしています。
お仕事の依頼やご相談はこちらからどうぞ。
お問い合わせはこちら

執筆メニューや参考価格はこちらをご覧ください。
執筆メニュー&参考価格

※トップ画はPete LinforthによるPixabayからの画像です。

介護
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護専門ライティング事務所『楓和堂』
タイトルとURLをコピーしました