UBE ビエンナーレ2018AIRプロジェクト部門 日常劇場「ダイヤ毛糸店」

未分類

今日は日常劇場第4幕「ダイヤ毛糸店」を紹介します。

UBE ビエンナーレ2018AIRプロジェクト部門 日常劇場「ダイヤ毛糸店」

女子高生3人がダイヤ毛糸店の店員さんに編み方を教えてもらいながら、女子高生トークを繰り広げます。
店員さんの素敵なお母さま方は、ダイヤ毛糸店の本物の店員さん。
ちなみに、ダイヤ毛糸店さんは最近現在の場所に移転されました。

私も中学生の頃にはせっせとマフラーを作ったりしていたので、とても懐かしく当時を思い出し切なくなったりしました。
女子高生たちは、好きな人にプレゼントするマフラーを編んでいたり、何となく編んでいたり。
不器用な女子高生に優しく丁寧に教える店員さん。
昔はこういう風景が当たり前にみられていたんでしょうね。

ダイヤ毛糸店では、今も丁寧に教えてもらうことができるそうです。
私も久しぶりに編み物してみたい気持ちになりました。
娘も興味があるようなので、近々行ってみようと思います。

ダイヤ毛糸店でしばらく編み物をした高校生たちは、塾やバイトのため店を去ります。
一人は塾に行きましたが、二人は銀天街の中を進んでいきます。

彼女たちの行き先はどこ?

気になる行き先は、また明日紹介しますね。

------------------

【コンフリUBE店長募集のお知らせ】

(募集のポスターの内容をそのまま転記します)

この場所(宇部中央銀天街多世代交流スペース付近)で
日本酒とクラフトビールと季節の料理がある
アートスペースを一緒に運営してくれる人を探しています!

・人とコミュニケーションするのが好きな人
・料理とお酒が好きな人
・アートが好きな人

茨木県取手市のコンフリで1~2か月の研修が可能な方
給与、時期など要相談

※ご興味のある方は画像にある連絡先にメールしてみてください。
葛谷さんに迷惑がかからないよう本文中に連絡先は記載していません。

-----------------
Twitterやってます。
気軽にフォローどうぞ。
twitter@中村楓

タイトルとURLをコピーしました