UBE ビエンナーレ2018AIRプロジェクト部門 日常劇場「サンジェム」

宇部銀天街

葛谷春光堂さんの日常劇場も、第9幕まできました。

今日紹介するのは第9幕「サンジェム」を紹介します。

UBE ビエンナーレ2018AIRプロジェクト部門 日常劇場「サンジェム」

私が子供の頃、ファンシーショップがあちこちにできた時期がありました。

宇部でも同様だったようで、宇部では2大ファンシーショップがあったそう。

そのうちのひとつが「サンジェム」でした。

サンジェムには先ほどの女子高生二人が何やら選んでいる様子。

他にも、お母さんへのプレゼントを選びに来た女の子も、真剣に商品を選んでいます。

私が宇部に来たときには、ガラス張りの素敵な建物だったサンジェム。

もともとは今の芝生広場の横に最近まであった建物にあったそうです。

私もファンシーショップに行くとわくわくしたもの。

サンジェムにもたくさんの女子の思い出が詰まっていたんでしょうね。

今はサンジェムのような大きなファンシーショップはすっかり姿をなくしてしまいました。

しかし、こだわりの雑貨を取り扱う素敵な雑貨店は、宇部市内だけでもいくつもありますし、銀天街の中に店舗を構えているところもあります。

時代とともに形を変えて受け継がれていくものなのかもしれませんね。

さてさて、女子高生たちはバイトへ出かけたよう。

カメラはさらに銀天街を進んでいきます。

いよいよ佳境に入った日常劇場。

次回はどこへ向かうでしょうか。

------------------

【コンフリUBE店長募集のお知らせ】

(募集のポスターの内容をそのまま転記します)

この場所(宇部中央銀天街多世代交流スペース付近)で
日本酒とクラフトビールと季節の料理がある
アートスペースを一緒に運営してくれる人を探しています!

・人とコミュニケーションするのが好きな人
・料理とお酒が好きな人
・アートが好きな人

茨木県取手市のコンフリで1~2か月の研修が可能な方
給与、時期など要相談

※ご興味のある方は画像にある連絡先にメールしてみてください。
葛谷さんに迷惑がかからないよう本文中に連絡先は記載していません。

-----------------
Twitterやってます。
気軽にフォローどうぞ。
twitter@中村楓

コメント

タイトルとURLをコピーしました