UBE ビエンナーレ2018AIRプロジェクト部門 日常劇場「魚宗」

宇部銀天街

サンジェムを出たカメラが銀天街を進むと、そこには魚屋さんが。

今日は葛谷春光堂さんの日常劇場から第10幕「魚宗」を紹介します。

UBE ビエンナーレ2018AIRプロジェクト部門 日常劇場「魚宗」

銀天街の魚屋さん「魚宗」では大将と奥さん、そしてお店の若い人が生きのいい魚を売っています。

たくさんの人が買っていく中、お金を払わずに魚を持って行ってしまうお客さんが。

気前のいい大将は「あの人が幸せならそれでいいんだ」と気前の良さを見せていました。

時代もあるのでしょうが、懐の深い大将だったんですね。

魚宗さんは私が結婚してからもしばらくはこの場所で商売をされていたので、とてもお世話になりました。

年末にはブリを買いに来るお客さんがひっきりなしだったのを覚えています。

お刺身も本当においしかったなぁ。

魚宗さんに話を戻すと、なにやら若い衆が今日は「共栄クラブ」に参加する日のようです。

若者をカメラも追いかけていきます。

「共栄クラブ」って何でしょうか?

それはまた次回のお楽しみ。

------------------

【コンフリUBE店長募集のお知らせ】

(募集のポスターの内容をそのまま転記します)

この場所(宇部中央銀天街多世代交流スペース付近)で
日本酒とクラフトビールと季節の料理がある
アートスペースを一緒に運営してくれる人を探しています!

・人とコミュニケーションするのが好きな人
・料理とお酒が好きな人
・アートが好きな人

茨木県取手市のコンフリで1~2か月の研修が可能な方
給与、時期など要相談

※ご興味のある方は画像にある連絡先にメールしてみてください。
葛谷さんに迷惑がかからないよう本文中に連絡先は記載していません。

-----------------
Twitterやってます。
気軽にフォローどうぞ。
twitter@中村楓

コメント