やんちゃな子こそ武道を学ぼう

育児

我が家のやんちゃな双子男子は、4月からフルコンタクト空手を習っています。
パンチもキックも当てるフルコンタクト空手、初めはどうかなと思いましたが、我が息子たちにはピッタリでした。
その理由をまとめてみました。

筋力がついた

以前は水泳をやっていたこともあり、ある程度の筋力はあった息子たち。
空手では、基礎的な筋トレもしっかり行うため、体つきがしまってきました。
我が家の双子男子は、1号ががっしり系、2号が細身なのですが、ものの見事にゴリマッチョ路線と細マッチョ路線を歩んでいっています。
でんぐり返しが得意になり、保育園ではぐるんぐるん鉄棒を回るほど。
走るのも速くなった気がします。

先輩に教えてもらうという関係性ができた

これまでの人生の中で、先生に教えてもらうことはあっても少し年上のお兄さんに教えてもらうという経験がなかった息子たち。
彼らの通う空手教室では、少し年上のお兄さんがサポートしながら練習を行う場面が見られます。
友達とも先生とも違う関係性を体験できていることは、彼らに大きな影響を与えているように感じます。

怖い存在ができた

怖いもの知らずの二人にとっては、ガミガミ怒る母の存在などたいしたことはありません。
パパも時には怖いけど、ふだんは優しいから、ついつい調子に乗っちゃう。
保育園の先生も怖いときもあるけど、優しいときもあることはよくわかっています。
それに比べ、空手の先生は少し緊張する存在となっています。
毎回ちょっとピリッとなるので、やはり怖い存在なのでしょう。
こういう存在がいるということは、これからの人生に大事だと思います。

武道はやんちゃな子の心に響く

我が家の場合は空手ですが、武道というものはどれも心技体が整っていくものだと思います。
やんちゃで手に負えない子ほど、厳しい武道の精神は響く。
そして何より、そのかっこよさに惹かれたりするものです。
やんちゃな子が急に変わるものではありませんが、少しずつ変化は感じます。
我が子がやんちゃで手を焼いている、という人は、習い事を考える時には武道も選択肢のひとつにいれてみるのもいいかもしれませんね。

Twitterやってます。
気軽にフォローどうぞ。
twitter@中村楓

育児
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護ライター中村楓の山口県から介護の未来を明るくするブログ

コメント