作業スペースができました

起業

ライターになって2年半。

ずっとリビングのテーブルにパソコンを置いて作業してきました。

一時期、キッチンワゴンを買ってきてパソコン置き場にしていたのですが、手首を痛めてしまいテーブルに逆戻り。

特に不便もなく今までやってきました。

ところが。

ここにきて、首から肩に激痛が走る事態に陥りまして。

始めは肩を痛めたと思っていたのですが、肩関節は問題なく腕は自由に動かせました。

痛みの場所を自分なりに研究してみた結果、どうも首から痛みがきていることに気付きました。

首が痛む原因はただ一つ。

パソコンの位置が低すぎること。

いわゆるストレートネックになっているのだと思いました。

自己判断なので、確かなことは言えないけれども、ライター業をしているときには目線が下すぎる感じがこの数か月ずっとしていたので、おそらくこの感覚で間違いはないかと。

この話をしていたら、夫も同じことを思っていたようで、急遽ニトリにデスクを見に行こうという話になりまして、めでたく自宅に自分の作業スペースができあがりました。

6月には開業届を出し、細々と経営者としての道を歩き始めた私にも、ようやく小さな自分だけの城ができました。

と言っても、畳一畳あるかないかのスペースにデスクとパソコンがあるだけなんですけど。

自宅のリビングの、この小さなスペースから、気持ち新たにライターとして頑張っていこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

介護福祉士の経験をもとに、介護関連の記事作成や監修を行っています。
お仕事の依頼やご相談はこちらからどうぞ。
お問い合わせはこちら

介護記事以外も対応可能です。
執筆メニューや参考価格はこちらをご覧ください。
執筆メニュー&参考価格

中村楓ってどんな人?と気になってくれる方はこちらを読んでもらえると嬉しいです。
プロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※トップ画はMarkus SpiskeによるPixabayからの画像です。

起業
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護専門ライティング事務所『楓和堂』
タイトルとURLをコピーしました