セミナーの効果は一日にしてあらず

ライター

ライターを始めた時、「ブログ書いた方がいいよ」という友達のアドバイスを受け、アメブロでブログを書き始めました。

アメブロでは割と毎日更新していたものの、こちらに移行してからは思うことがあったりして、しばらく滞っていました。

昨年、宇部でかさこさんのブログ講座に参加したとき、「やっぱり頑張って毎日書いてみよう」という気持ちになりました。

その後も書かない日があったりはしたものの、最近はできるだけ書くように心がけていました。

すると、最近になってブログを見た方からのお仕事依頼などが少しずつ増えてきました。

「あぁ、これがかさこさんの言っていた『ブログは営業マン』ということか」と、かさこさんの言っていたことが少しわかった気がします。

セミナー受けた時って、そこで学んだことの実感はないから何となくふわっとした印象で「そういうものなのか、じゃあやってみよう」って思うんですけど、やり続けているとピタッとハマる瞬間がくるもんだなぁ、と実感しました。

そういえば、1年くらい前に受けた「超実践セミナー」でも、時間が経ってから講師のとっとこランサーさんの言っていたことがわかった瞬間がありました。

セミナーをされる講師の方って、きっとそれまでの経験をもとにその知識や技術を伝えてくれていると思うんです。

だから、経験値や知識が少ないうちは理解度が浅かったりするんですよね。

だけど、その時にはすっごくやる気になっているから突っ走って「言ったとおりにやったのに結果出ないじゃん」っていうやつが出てくるんだろうなぁ。

要領がものすごくよくて、運も味方につけてって、環境がぶわっとそろっちゃう人はもしかしたら短期間でも結果は出てくるかもしれません。

でも、こういうのって地道に一生懸命腐らず前向いてやっているところに、講師の方々がちょっと背中を押してくれてるだけなので、そう簡単に結果が出るもんじゃないと思うんですよ。

やっぱり継続が一番の力になる気がします。

一生懸命頑張ってみて、でも行き詰ってしまったとき、セミナーに参加してみるというのは新しい道が開くきっかけになります。

仕事に行き詰まりを感じている人は、ちょっとした気分転換の意味も込めてセミナーに参加してみるというのも一つの手ではないでしょうか。

実際にセミナーに参加するときには、くれぐれもおかしなセミナーに参加しないよう気を付けてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

介護関係の記事執筆および監修の仕事をしています。

お仕事の依頼や相談は、メールもしくはTwitterからお願いします。

Twitterフォローしてもらえると嬉しいです。

コメント