X-JAPANファンから見たSixSTONESデビュー曲

考察

ジャニーズのSixSTONESがYOSHIKIのプロデュース曲でデビューすることが発表されました。そして、2019年11月27日に放映されたベストアーティスト2019でそのデビュー曲が披露されることに。X-JAPANファンにとって、この状況は複雑なものがあるような気がしています。ただ、私はX-JAPANとジャニーズ両方が好きなこともあり、結構好意的に捉えていました。今回のブログは、そんな私が感じたSixSTONESのデビュー曲について語りたいと思います。

どこを切り取ってもTHE YOSHIKI WORLD

SixSTONESのデビュー曲は「Imitatision Rain」というタイトル。

Rainって入っているだけで、すでにYOSHIKIワールド。

過去にYOSHIKIがプロデュースに関わったGLAYのデビュー曲もタイトルは「RAIN」でした。

こちらもかなりの名曲。

マジで全国民に聴いてほしい。

少し脱線しましたが、歌詞の内容もまたYOSHIKIワールドですよ。

ベストアーティストで歌った部分だけでの判断になりますが、「紅」「薔薇」「壊れてく」といったYOSHIKIの歌詞に再々登場する単語が満載。

曲調も全体にYOSHIKIの好むピアノメロディがちりばめられている感じ。

おそらく、ジャニーズに合わせた形でゆったりとしていて高音域は少なめになっているけれども、どこを切り取ってもYOSHIKIが感じられるような、そんな曲に仕上がっていました。

コアなファン層を狙っている感じ

私が最近熱を入れているKing&Princeは、全世代に愛されるようなプロモーション展開が感じられます。私は、その罠にまんまとハマっているわけです。

一方、SixSTONESはコアなファンを狙っている感じ。

数年前私がハマっていたKAT-TUNも個々の個性を強く打ち出していたのですが、たまたま多くの世代にハマった感じでした。

SixSTONESにはデビュー当時のKAT-TUNほどの強い個性は感じないものの、ちょっと大人な30代あたりを狙っている気がしています。

このまま大人な感じで行くのか、それとも途中で王道にも挑戦するのか、そこはこれから見たいところかな、と。

メンバーで注目したいのは、元KAT-TUN田中聖の弟である田中樹くん。

兄同様、ラップが上手ということもありますし、しゅっとしているのに結構天然らしいというところも気になります。

同時デビューのSnow Manにも注目

YOSHIKIプロデュースで話題となっているSixSTONESにくらべ、話題性に欠けたSnow Manではあるものの、デビュー曲の「D.D.」はダンスナンバーでかっこいい。

大人ジャニーズの感じを出しているという点では、狙い通りな感じがしています。

二組ともタッキープロデュースということもあり、新生ジャニーズの方向性を見て取れるのではないかと思います。

個人的には、関西Jr.で平野くんたちと多く絡んでいた向井くんに注目したいところ。

今後のジャニーズの動向をこれからも追い続けてみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました