どうやって勉強させるか?~息子編~

育児

4月から小学生になる我が家の双子たち。

娘の時には、早々と通信教育やらなんやらやらせてみましたが、息子たちは日々の世話で精いっぱいで何もせず。

まぁ、二人目以降ってどうしてもそうなりがち。

最近はゲームばっかりするので、さすがにやばいと思い、娘が使ったものの中で最もよかった「スマイルゼミ」をやってみることに。

スマイルゼミは以前は小学生コースからしかなかったのですが、今は幼児コースからあるようで、息子たちは小学生準備号を使うことに。

思った以上に息子たちにはピッタリだったので、良かった点をまとめてみました。

タブレットのみで完結する

タブレットを使用する通信教育は多々あるのですが、スマイルゼミはタブレットの中で全ての勉強が完結します。

紙のテキストが溜まることもないので、散らかることもなく楽。

好きな場所で、好きな姿勢でできるので、我が子たちは布団で寝転がりながらやっています。

勉強の進行具合もメールで送られてくるので、テストで100点取ったとか、やり直しがちゃんとできたとか、離れていても瞬時にわかるところが親としてもありがたいです。

勉強が終わるとカードをゲット!

スマイルゼミでは、一つの単元の勉強が終わると、カードをゲットすることがあります。

このカードは時期によって種類が違うようですが、星座だったり動物だったり。

テーマはいつも勉強に役立つもので、何が出現するかはわからないので子どもたちも楽しみながら様々なものを覚えることができます。

何が出るかわからないので、子供たちも毎回大興奮。

終わった後でゲームができる

ゲーム好きの我が息子たちにスマイルゼミが合うだろうと思った最大の理由は、勉強の後でゲームができること。

娘がスマイルゼミを使っていたときには、そんなにゲームが好きでもなかったので、月の初めに数日して終わりということが多かったのですが、息子たちはゲームをできるのが何よりも楽しいようです。

せっせと勉強しては、ゲームをしています。

ゲームの種類も豊富で飽きずにゲームできるし、ゲームをできる時間が決められているので、いつまでもゲームをし続けるということもありません。

このおかげで、我が息子たちは勉強を楽しめています。

家族とメールもできる

スマイルゼミの中で、息子たちはまだ使っていない機能にメール機能があります。

スマイルゼミのメール機能は、スマホに専用アプリを落とし登録しておけば、家族間でのメールが可能になるというもの。

娘の時にはフル活用していて、夜仕事中の夫に娘がメッセージを送ったり、進捗状況を見た夫が励ましのメールを送ったりしていました。

このメール機能のおかげで、家族間の距離も近づいた記憶があります。

息子たちとはもう少し様子を見てメールを始める予定です。

デメリットはタブレットが一人一台必要になること

スマイルゼミは兄弟間での使いまわしができないので、一人一台のタブレットが必要となります。

費用面を考えると、一人一台は決して安くはないのですが、我が家は双子ということもあり、同じものを持ちたがるので共有が難しいんですよ。

そのため、我が家では逆にこの点はデメリットにはなりませんでした。

ただ、色がピンクとブルーの2色のみなのが残念。

我が家は娘がブルーが好きだったので、ブルー3台がある状態で、誰がどれかわからないので名前シール貼ってます。

もう少しカラーバリエーションがあるといいなぁ。

通信教育は向き不向きがある、子供に合うものを選ぼう

通信教育は、子供のやる気がなければお金の無駄遣いになってしまいます。

スマイルゼミは通信教育では人気の高いものですが、それでも娘には合いませんでした。

しかし、息子たちにはぴったりとハマっており、毎日のように勉強できています。

お金を無駄に使わないためにも、通信教育を選ぶときには子供の特性をよく理解して選ぶようにしましょう。

介護関係の記事執筆や監修の仕事をしています。

お仕事の依頼や相談は、メールもしくはTwitterからお願いします。

育児
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護ライター中村楓の山口県から介護の未来を明るくするブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました