UBE ビエンナーレ2018AIRプロジェクト部門 日常劇場「ちんどん屋」

宇部銀天街

今日からは、UBEビエンナーレ2018AIRプロジェクト部門である葛谷春光堂さんの日常劇場の動画を解説していきます。
今日は第1幕「ちんどん屋」を紹介します。

UBE ビエンナーレ2018AIRプロジェクト部門 日常劇場「ちんどん屋」

スペインフェスタが開催されている宇部中央銀天街で、突然はじまった「日常劇場」
昭和30年代にタイムスリップしたような姿のちんどん屋さんの列がアーケードの中を進んでいきます。
私たちの「日常」に突然現れた「劇場」に、くぎ付けとなる現代の人々。
アーケードを抜け消けたちんどん屋は、中央大和ができる前にあった新川座の前を通り消えてきました。

このちんどん屋さん、娘と私、息子二人も参加しました。
私と息子たちはただただついていっただけですが。

私は他県出身なので、銀天街がにぎわっていた頃を知りません。
地元でちんどん屋を見たこともありません。
けれども、ちんどん屋さんに参加したことでにぎやかな頃の銀天街にタイムスリップした気持ちになりました。

この日常劇場、日常生活の中に突然「非日常」が入り込んでいきます。
しかし、その「非日常」は以前は宇部中央銀天街のこの場所で起きていた「日常」なんです。
宇部中央銀天街で青春を過ごした人やこの地で生活している人々はもちろん、私のような他県出身者でもどこか懐かしい、誰もが経験したような出来事を目の前でまるでテレビを見るかのごとく体験することができました。

明日は、第2幕「新川座」を紹介します。

------------------

【コンフリUBE店長募集のお知らせ】

(募集のポスターの内容をそのまま転記します)

この場所(宇部中央銀天街多世代交流スペース付近)で
日本酒とクラフトビールと季節の料理がある
アートスペースを一緒に運営してくれる人を探しています!

・人とコミュニケーションするのが好きな人
・料理とお酒が好きな人
・アートが好きな人

茨木県取手市のコンフリで1~2か月の研修が可能な方
給与、時期など要相談

-----------------

Twitterやってます。
気軽にフォローどうぞ。
twitter@中村楓

宇部銀天街
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護ライター中村楓の山口県から介護の未来を明るくするブログ

コメント