第9回「うべスタ・コミュ」で感じたこと

うべスタ・コミュ

今日は、「うベスタ・コミュ」の第9回がありました。

今回も、メンバーの事業発表からスタート。

今日の発表担当は、エステサロン「ローズウッド」の藤嶋小百合さん。

元看護師さんで介護業界にもおられたとのことで、私にはとても興味深いお話でした。

サロンをやろうと思ったきっかけなどを聞いていると、「これだ!」と思えるものとの出会いって大事だなぁと思いました。

自分に置き換えて考えてみると、ライターの仕事を見つけた時や初めて報酬をもらったときの感動に近いかもしれないな、とも。

うべスタ・コミュに参加していると、自分の棚卸というか、自分を振り返ることが多々あります。

「この場に私がいてもいいのかな?」と不安になることもありますが、それよりも皆さんから受ける刺激がすごくて、「皆さんみたいに輝けるように頑張ろう」という気持ちになります。

ライターってとても孤独な仕事で、家で一人で悶々と悩んでいた日々を思うと、ジャンルは違えど起業家として頑張っている先輩方がこんなに身近にいてくれることに、心強さを感じるし感謝でいっぱいです。

私はやりたいことが多すぎて、あれもこれもついつい手をだしてしまうのだけど、今日の会合が終わってゆっくりと自宅で考えているうちに、まずはライターとしての基盤をきっちり固めようと思いました。

そういう思いもあり、来月からうベスタの起業塾に参加します。

しっかりと学んで、私も皆さんのような輝ける起業家になるぞー!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

介護福祉士の経験と知識を生かして、介護関連の記事執筆や監修を行っています。
お仕事の依頼やご相談はこちらからどうぞ。
お問い合わせはこちらから

執筆メニューや参考価格はこちらからご覧ください。
執筆メニュー&参考価格

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※トップ画はStartupStockPhotosによるPixabayからの画像です。

うべスタ・コミュ起業
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護専門ライティング事務所『楓和堂』
タイトルとURLをコピーしました