やりたくないことに対抗する手段はいくらでもあるはず

考察

今日、気になるツイートを発見しました。

この10歳のユーチューバーの「自由な世界をつくる」という考え方は、正直勝手にしたらいいと思うんです。

だけど、学校に通わなくなった理由があまりにもわがままだなあ、と。

「宿題を拒否したら放課後や休み時間にさせられた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え『俺までロボットになってしまう』と不登校を決意」

これって、このツイートである深爪さんも言っておられますが、不登校に対する偏見を助長すると思うんです。

不登校になる子の多くは、その背景にいろいろなことがあって「行きたくても行けない」状況に追い込まれている。

それなのに、この子の「宿題やりたくないから俺不登校だぜ、周りもみんな自由になろうぜ」って不登校の子たちを馬鹿にしているんじゃないかとすら思えてきます。

これを認めている親もどうなんだろうか?

私はこの子が言う不登校の理由ってすごくわがままで屁理屈だと思うんです。

私も今の学校教育が正しいとは思わないけれども、その中で感じる窮屈な思いを経験しておくことは将来必ず役に立つ。

社会は平等ではないし、自分の思うままには進めません。

子供に大人気のユーチューバーHIKAKINだって、働きながら日々努力を重ねたから今があるわけです。

しかも、楽して稼いでいるわけではなく、むしろ一人ブラック企業ですよ。

見てもらえなくなるリスクを考えると1日も休めない、とテレビで言っていました。

宿題をやるのが嫌で学校行くのをやめるような辛抱のない子に、正直自由な日本なんて作れないでしょう。

宿題をやりたくないというのなら、それを先生が納得するように伝える術を身に付けるべきだし、正面切ってやり合えばいいんですよ。

きっと先生には嫌われるし、問題児扱いされるだろうし、何なら周りの子だって冷ややかな視線を送ってくる可能性だってある。

でも、「やりたくないことに対抗したい、自分の自由に生きたい」というのなら、まずは戦うべきじゃないかと。

この子はまず戦う舞台の上にすら立たず、客席の遠いところから吠えてるだけに思えます。

我が子たちもかなり我が強い方だけど、こんな子にはならないよう気を引き締めて育てなくてはいけないな、と思ったニュースでした。

※トップ画像はbBearさんによる写真ACからです。

考察
スポンサーリンク
この記事を書いた人
中村楓

山口県在住の介護福祉士&介護ライター。
わかりやすい言葉で誰にでも理解しやすい文章を書くのがモットー。
双子を含む3人の子育て真っ最中。
双子は口唇裂+口唇口蓋裂。
hide&X-JAPAN愛はすさまじい。

中村楓をフォローする
介護専門ライティング事務所『楓和堂』
タイトルとURLをコピーしました